我家の猫

「ピート」 と 「ピーター」

ページへ

我家の猫を紹介します。
 「ピート」は、1999年に突然、神に召されて天国に行ってしまった娘が、結婚の半年前の1986年に連れてきて名付けた子猫でした。来客が嫌いでした。時々逃げ出して、外の猫と喧嘩する活発で可愛いオス猫でした。肉や乳製品が嫌いで、魚、茹でたブロッコリー、キャベツ、ニラ、モヤシ、ホーレンソーが好物でした。変わった猫でしょう? 顔は元アメリカ大統領クリントンの猫”ソックス”に良く似ていました。特技は襖、障子のような横引き戸を開けることで、開けては困る所には鍵を付けました。ピートは2002年に長寿を全うしました。

 「ピーター」は、2005年に息子が連れてきて名付けました。生後3ヶ月のアメリカンショートヘアの可愛いオス猫です。”ピート”と趣向、性格が全く違います。好奇心が旺盛で、来客が大好き。活発で疾風のように駆け回ります。肉、魚は好きですが、野菜は全く食べません。特技はスイングドアを、ドアノブに飛び上がって開けることです。外からも内からも開けます。横引き戸は開けることができません。
ピーターは、残忍ながら2016年8月に亡くなった。本当に可愛い猫でした。

 2017年3月10日、1月7日生まれの「ベンガル種の子猫」が我が家に来て、「ピート」と名付けました。我が家で呼び慣れた猫の名前で、「2代目のピート」です。非常に元気で、家の中を走り回っています。


猫のアルバム

画像をクリックすると、大きな画面になります

ピートの写真

ピーターの写真

 
 
 ページトップ

2代目「 ピート」の写真